LAST MAY JAGUAR

Vo,yuricaが中心となりセッションライブをしていく中、2014年5月30日、第一期LAST MAY JAGUARのラインナップが完成。
AmarantheのHUNGERを日本語カヴァーしたことをキッカケに、2014年12月、1stアルバム”Ready for…”でビクターエンタテインメントより メジャーデビュー。
共感・反感、プラス・マイナスを全部ひっくるめた「感情」をテーマにした yuricaの歌詞とメロディ、その上で熱い言葉にも負けない疾走感のあるヘヴィな音作りにこだわり、それらが合わさった”LMJサウンド”。
LiveにつぐLiveで育ち、曲を知らない人でも感動と躍動を体感できるLiveを展開、 圧巻のバンドグルーヴとエモーショナルなVocalには定評がある。
東京を拠点に、新宿ReNYや川崎CLUB CITTA’などのホールクラスを中心に 精力的にライブ活動を行う中、2017年2月Gt,Kensuke脱退、同年5月Ba,KENTA 脱退。
2017年夏、Gt,Yukihisa、Gt&Mani,BAN加入、第二期LAST MAY JAGUARが始動。
2018年4月、初のワンマンライブを成功させ、同年6月13日に現ラインナップ初の1st Mini Album“Reloaded”を全国リリース。